【2020年2月】サンライズ瀬戸・出雲に乗って出雲まで行ってきました

ハウツー

こんにちわ〜

ここ最近乗り物に乗りたい欲がでまして、ずっと乗り物のサイトを眺めてました。思いを馳せすぎて眠れない夜が続いたのでついに思い切りました!!

前回はフェリーに乗りましたが今回は寝台列車ことサンライズ瀬戸・出雲に乗りました!

サンライズ瀬戸・出雲の予約の仕方

寝台列車ことサンライズ瀬戸・出雲。個人的に馴染みのない列車だったのでその日にきっぷ取れるだろうと思ったら意外と大人気の寝台列車らしく、ちゃんと1ヶ月前に予約をしないときっぷが取れない様です。

特に連休は満席が多いらしいので1ヶ月前に予約をしようと心に誓いました

予約は1ヶ月前からみどりの窓口で

券売機やwebではなくみどりの窓口に行って、チケットを購入するのが一般的な流れになります。

チケットは乗車日の1ヶ月前の10時からみどりの窓口で購入することができます◎。

わたしは2月21日(金)の夜に列車に乗ろうと思ってたのでその1ヶ月前の1月21日の10時に新宿駅のみどりの窓口で購入しました。

窓口で買うときのカンペ(B寝台の場合)

私は一番スタンダードなB寝台に乗るつもりだったので口下手なことも有り、メモ(カンペ)を書いて窓口の担当の方に渡しました(笑)

  • サンライズ出雲(出雲行き
  • 2月21日の東京22時発
  • B寝台/シングル/上段/右側

↑こんな感じのメモを持って窓口の方に切符を取ってもらいました。どうしても2階席が良かったので「上段」を希望してることをちゃんとメモをしておきました(笑)

右側なのは、出雲市の大きな湖が見れるのでそれもあわよくば自分の個室で見れたら良いなと思いまして。

窓口の担当の方が意気揚々と10時打ちチャレンジをしてくれて無事に希望の席が取れました👏ありがたい。※この時点で何席か埋まってたのでやっぱり他にも10時打ちされてる方がいてるんだなと実感しました。

当日。サンライズ号は東京駅の9番線です

私が一番つまずいたのは、サンライズが何番線に止まるのかが全然わからなかったことです。色んなサンライズのネット記事を読んでたのに乗る場所なんて気にしてなかった。。

何より駅の案内地図には「サンライズはコチラです」みたいな案内は有りませんでしたので余計に…。

サンライズ号は東京駅の9番線です

ふつうに在来線なので↑この案内が出るまでは不安でしょうがなかったです。

乗る前に買っておいたほうが良いもの

サンライズ瀬戸・出雲は車内販売がないので夜の22時発ですが先にお弁当を買っておくことをオススメします。でも東京駅も21時ころだとあまりお弁当が無いといえば無いのですが。あと個人的にチューハイの缶と2リットルのウーロン茶を買いました。社内には自販機があるのですが寝台列車は長旅なので2リットルくらい飲むだろうと思って。(実際降りるまでに飲み干せてちょうどいい量でした^^)

あと、サンライズ瀬戸・出雲はシャワー室があるので、車内でシャワーを利用したい方は絶対に体を拭くタオルをお忘れなく!!!ちなみに私は出雲で温泉を利用するつもりだったのでシャワーは利用しませんでした。温泉、良かったよ。

買っておいたほうが良いものまとめ

  • 飲み物
  • 食べ物
  • (シャワーを利用する方)タオル

サンライズ瀬戸・出雲の外観と車内

きました!サンライズ瀬戸・出雲号〜〜〜〜🚩

21:30くらいに来たような。割と出発まで余裕のある感じでした。

窓が上下に2つありますね。やっぱり2階席のほうが窓が大きくていいですね〜。ロマンあふれる・・!

▼あ、ちょっと写真がブレてますね。これが一番スタンダードなB寝台シングルです。ホント寝るだけのスペースです。カプセルホテルくらいかなぁ ▼私の身長は158cmなので立っても充分に高さが有りました。

▼窓は多きくて大満足◎そしてブラインドも閉められますね。割とホームの方と目が合うのでブラインドは必須でした

▼寝間着と枕と毛布。寝間着は使いませんでした。枕は私好みで使いやすかった。2月なので深夜は寒かったので毛布があって助かりました。

▼いざ!しゅっぱ〜つ!

▼寝転んで窓を見てたらずっとホームからの電気の明かりが目に入ってきて目がとても疲れました…深夜でも駅のホームの明かりがついてる駅もあるのでやっぱりブラインドは必須です。このへんは乗ってみないとわから無いことだなとちょっと経験になりました◎

次回は車内の様子を記事にします

おたのしみに〜

タイトルとURLをコピーしました